早漏を助長するが、ガン予防に効果のあるコーヒー

早漏は男性にとって非常に切実な悩みではありますが、日常に愛飲しているコーヒーが、その早漏を助長している可能性があります。早漏には多くの原因があり、人によって原因は異なりますが、興奮の過剰によるものが、理由としては挙げられる一つになることと思います。コーヒーに多く含まれているカフェインには興奮を引き起こす作用があり、その覚醒の作用は30分程度からはじまり、持続時間は長くておよそ14時間程度とされています。寝る前にカフェインをとってはいけないと言われているのはこの覚醒作用のためであり、その効果が、早漏にとってもあまり好ましくない影響を与えるという研究結果が出ています。
カフェインには興奮を引き起こす作用もありますが、同時に興奮を抑制するメラトニンの分泌を妨げることでも知られ、メラトニンの分泌が減少することで興奮が助長され、早漏に繋がりやすくなるとされています。またカフェインは前記の通りに興奮を引き起こすので、興奮を抑制するメラトニンの減少と相まって、興奮が過剰になり射精時間も短くなると言われています。早漏に悩む人にとって、カフェインは禁断の物質であるとも言えます。
しかし、早漏には悪影響のあるコーヒーですが、体に好影響を与えることも研究によって明らかになっており、その主要なものとして、ガンの抑制が知られています。厚生労働省の発表している調査では、毎日コーヒーを飲む人に比べ、飲まない人のガン発症率はおよそ2倍になるとの結果が明示され、コーヒーのガン予防効果が非常に高いことが明らかになっています。また、コーヒーを毎日5杯以上飲む人は飲まない人に比べ肝臓ガンの発症率が5分の1になることも研究によって明白になっており、早漏には悪影響ですが、コーヒーはガンの抑制には高い作用を持つ飲み物であると言えることと思います。