欧米では早漏症は立派な病気

日本では早漏症は病気という認識は薄いですが、欧米では立派な病気として認識されていて、適切な治療を受けるべきものだと思われています。
早漏症は身体的に悪影響はありませんが、コンプレックスを持ちやすく、女性に対して消極的になってしまうこともあるので、精神的に悪影響となることがあります。
そのため、日本でも早漏症の治療をすることには一定の意義があります。
早漏症の治療法には以下のようなものがあります。

最も手軽な早漏症の治療方法は内服薬の利用です。
主な治療薬には、ダポキセチンやプリリジーなどがあります。
服用するときは、医師から指定された用法・容量を守ることが大切です。
しかし、これらの薬は用法・容量を守って服用しても、何らかの副作用が現れることがあります。
これらの副作用は一時的なもので、重篤な症状が現れることはほとんどありませんが、副作用が見られる時は使用を止め、医師に相談することが大切です。

この他に、外科的な方法で早漏症を改善することもできます。
亀頭全体にヒアルロン酸を注入すると、亀頭粘膜が強化されるので、早漏症を改善することができます。
また、包茎手術を受けると、亀頭が強化されるので、早漏症の改善につながります。